人生・生き方・成長に向けてのご相談

IRISでの援助サービスのいろいろな使い方

 さて、みなさんは、カウンセリングや心理療法と聞くとどのようなイメージを持たれるでしょうか?
もちろん、いろいろな意見があることと思いますが、よく聞かれるのは「カウンセリングは何か問題があるときに使うもの」と言うのが一般的なイメージにはあるように思われます。

 …ですが、はたして本当にそれだけなのでしょうか?

 カウンセリングはご利用いただく方の日常や日々の取り組みだけでなく、考え方や感じ方、
行動のクセやこれまでの経験や体験、行ってこられた決断など、実に多くの内容について
やりとりをさせて頂くこととなります。
 それらカウンセリングの中でして頂く体験は、なにも何かの問題を解決することだけに意味のあるもの、価値のあるものというわけではないと思っています。

 むしろ、人は過去と今の積み重ねの上での明日を生き続けていますから、今の自分(そして過去の自分)についての理解を深めることは、明日の自分をどう生きていくかということに
プラスに働くことが多くあるように感じています。

 もちろん自分のことを他人に話すことに抵抗があるのは当然のことと思いますし、ある種の勇気が必要なことだということも理解しています。
 しかし、誰かとやりとりをすることを通して得られる気づきや、明日につながる何かを見つけるタネなども多くあるように思います。
 とはいえ、そういった内容はなかなか近しい人たちに相談することが逆にしにくかったりするかもしれません。

そんな時は、よろしければIRISの援助サービスをご利用されることを検討して頂けましたらと考えています。


自己分析:今よりもっと自分を知る/今よりもっと自分を好きになる

 例えば、自分のこれまでを振り返り、自分自身を見つめなおしたい/捉えなおしたいという時にカウンセリングをご利用いただけるかもしれません。
 人は、多くの場合、これまでの自分の人生を自分なりに捉え、自分だけのかけがえのない自叙伝のような物語を持っています。しかし、この物語は時として辛いものや苦しかったことなどがクローズアップされた内容ばかりになっているかもしれません。もしくは、毎日に必死に生きる中で、日々がうまくつながらないままになってしまっていることもあるかもしれません。ともすると、自分ではない誰かが自分の物語の中心にいるような感じを受けることもあるかもしれません。
 ほかにもいろいろありますが、これらのような物語を抱えていらっしゃる場合、「日常には何の問題もないけどすっきりしない」気持ちを感じていらっしゃったり、「自信が持てない」「自分を好きになれない」といった気持ちをお感じになられる場合もあるかもしれません。

 ですが、あなたの物語は、見る人が見れば、読む人によっては、あなたの人生に触れた人によっては、
まったく違った意味合いを持った物語として感じられたり、そのように受け取ることができるかもしれません。

 そのように、あなたがご自分のこれまでを振り返り、よりご自分の生きやすい、より自分を好きになれる/自信を持つことができるあなたが主人公の物語を紡ぎなおすお手伝いを、
IRISのカウンセリングではさせて頂けるかもしれません。


自己成長:自分磨き・苦手の克服・より良い自分なりの生きやすさ

 例えば、今の自分には問題はないけれど、ここが変わったらもっと毎日が楽しくなるな、うまくやれるようになるな、うれしいななどと思うことはだれしも大なり小なり持っていることかもしれません。
 しかし、日々の中で同じような出来事が繰り返されていく中で、「自分はこうだから…」「まぁこのくらいでいいや…」などといった思いや、「いつも同じことになるけどなんで?」といった疑問を抱えつつも、
自分ひとりではどうしたらいいかわからずそのままになっているかもしれません。

 そんなとき、もしかしたらカウンセリングをご利用いただくことには意味があるかもしれません。
なにせ、私たちは問題を解決する方法ではなく、ご利用いただく方にとっての今日よりマシな明日を作る方法を一緒に考えさせていただくことや必要なアドバイスをお伝えすることを、毎日、しているのですから…

 私たちは、お一人では考えつかないことや、どうやって行けばいいかわからないことなどを、あなた自身ができるように、やれるようにしていくことをお手伝いできるかもしれません。

 それは、「口下手」「コミュ障」「緊張しい」「心配性」「こわがり」「イラチ」「ツンデレ/ヤンデレ」などといった言葉で、ある種の個性として今は語られているかもしれません。
 あるいは、「誤解を生む」や「打たれ弱さ」「負けグセ」「ここ一番でのミス」といった経験として、あなたの日々の中で繰り返されているかもしれません。

 そして、それはどのような場面で起きていることかも人によって違うものと言えると思います。
友達との間、恋人との間、家族との間、はたまた仕事の中で、人によってはスポーツの場面などで見られるかもしれません。

 そのような中で、いつの間にか当たり前に、望んでか否かは別としてもクセのようになってしまっていることがちょっと変わるだけで、あなたの明日は大きく変わっていくかもしれません。
 そのお手伝いをIRISではさせて頂けるかもしれません。